絵本といっしょに 
つながれ ひろがれ 子どもの世界


日時 2007年8月6日〜18日
会場 福岡アジア美術館

ビスケットは、パソコン上で絵を動かしてアニメーションや動く絵本が簡単に作れるプログラムです。
「おいでよ!絵本ミュージアム」では、子どもたちにメディア機器を使って表現することの楽しさを体験してもらおうと、ビスケットを使った30分のワークショッププログラムを実施し、9日間(1日4回実施)で217名の子どもたちが参加しました。
プログラム開発者であるNTTコミュニケーション科学基礎研究所原田康徳氏の指導によりNPO法人子ども文化コミュニティのメディアリテラシー・ファシリテーターが実施にあたりました。


出来上がった作品
ビスケット公式サイト今回の作品公開中



主   催 九州大学ユーザーサイエンス機構子どもプロジェクト
西日本新聞社、テレビ西日本、NPO法人 子ども文化コミュニティ

西日本リビング新聞社
特別協賛 NTT西日本




特定非営利活動法人子ども文化コミュニティ