絵本カーニバル IN FUKUOKA 2007
「子ども学芸員 美術館PR大作戦!」
「おいでよ!絵本ミュージアム」
絵本作家を招いてのイベント
「おいでよ!絵本ミュージアム」のオープニングスペシャルイベントとして3組のスーパークリエーターをお招きして、ワークショップメドレーを行いました。
それぞれは独立したワークショップですが、出来上がった作品は次の日につながっていき、最終日にはたくさんの人が関わりいろんな表現がつながった絵本が完成しました!

1日目・マチスましーん「かたち」は、切り絵とデジタルを組み合わせた新しいワークショップ。きれいな色紙を使って子どもたちが作った「かたち」は、デジタル画像化してパソコン上のカンブリアンの木につなげていきます。

2日目・ビスケット「うごき」は、パソコン上で絵を動かしてアニメーションや動く絵本が簡単に作れるプログラム。前日のマチスましーんで作った「かたち」を使って、一人一人が動く絵本の一場面を作りました。

3日目・ムービーカード「ものがたり」はだれでも簡単に映像編集ができるプログラム。マチスましーんで作った「かたち」をビスケットワークショップで「うごき」にして、それを組み合わせて一人一人が「ものがたり」(動く絵本)を完成させました。

マチスましーんワークショップ
「かたち」 2007.8.2
ビスケットワークショップ
「うごき」 2007.8.3
ムービーカードワークショップ
「ものがたり」 2007.8.4
講師の安斎利洋さん、
中村理恵子さん
(アーティスト)
講師の原田康徳さん
(NTTコミュニケーション
科学基礎研究所)
講師の宮原美佳さん、
杉本達應さん
(ムービーカード・プロジェクト)
素材の入ったマチスのプール
使い方を習って、
さあ、制作開始
前日のビスケットで作ったシー
ンが印刷されているカードの
中から好きなカードを選んで
「ものがたり」を考えます。
好きな「かたち」を作ります
前日のマチスましーんの
「かたち」を使って「うごき」を
作っていきます
表紙やストーリーを描いて
います
作った「かたち」をデジタル
データにしてパソコン上で
つなげていきます
作ったシーンの発表
動く絵本を見ながら作った
「ものがたり」を発表

作品-マチスましーん 作品-ビスケット 作品-ムービーカード(絵本タイプ)
マチスましーん-公式サイト ビスケット-公式サイト
-今回の作品公開中-
ムービーカード-公式サイト


主催 福岡アジア美術館、西日本新聞社、テレビ西日本、
NPO法人子ども文化コミュニティ、九州大学、西日本リビング新聞社
特別協賛 NTT西日本

特定非営利活動法人 子ども文化コミュニティ