環境問題が気になる! 演劇をしてみたい!
そんな小・中学生を大募集
学校や地域、学年がちがう小・中学生があつまって
環境をテーマにしたお芝居『環境警察2209』を作ろう!
演劇とプロと、3日間のお芝居作りの中で、
環境について考えてみよう。
北極のシロクマになったり、
環境はかいする人のきもちになったり・・・・
ふだんできない体験ができるかも?!
2009年11月20日(金)〜11月22日(日)
会場:ゆめアール大橋(福岡市大橋音楽・演劇練習場)
福岡市南区大橋1-3-25
講  師: 劇団衛星ほか
対  象: 小学3年生〜中学生
定  員: 30名
参加費: 無料
主催: NPO法人子ども文化コミュニティ
FPAP・子ども文化コミュニティ共同事業体(ゆめアール大橋)
NPO法人フリンジシアタープロジェクト
後援: 福岡県 福岡県教育委員会 福岡市 福岡市教育委員会
(財)福岡市文化芸術振興財団
協力: 劇団衛星
助成: 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金

3日間のプログラム

11月20日(金)18:00〜19:30
 ・オープニングを見よう!
 ・からだを動かしてみよう!
 ・台本のアイディアを出そう!

11月21日(土)13:00〜18:00(途中休憩あり)
 ・セリフをみんなでつくろう!
 ・動きを考えよう!
 ・小道具を考えよう!

11月22日(日)10:00〜
 ◎リハーサル
 ・照明や音楽にあわせてみよう!
 ・エンディングをつくろう!

 11:15〜(12:30頃終了予定)
 ミニ発表会「環境警察2209」 どんなお芝居になるかな・・・?
 まとめの会 感想を話そう!

演劇を通じて環境を考える(保護者のみなさまへ)

『環境警察2209』は、環境問題を生活レベルから考え、未来を想像して疑似体験し、さらに身体を使って表現する演劇ワークショップです。
環境教育では、一人一人が「身近な行為が環境に繋がっている」ことを「実感」する、「現在から繋がる未来」を「想像」することが大切です。
このプログラムでは、「環境」をテーマにした演劇を体験する事により、座学では難しい「実感」できるレベルまで子どもたちを導きます。また、発表会という目標に向かって仲間や講師たちと創作活動を行うことで、コミュニケーション能力・責任感の向上が期待できます。
ワークショップ参加のお申込み

下記の必要事項を入力し、E-mailでお送りください。
@氏名 A学年 B生年月日 C保護者氏名 D住所 E電話番号 FFAX番号

メールはこちらからどうぞ

お問合せ・お申込み
NPO法人子ども文化コミュニティ
TEL 092-552-1540 FAX 092-561-9840
E-mail info@kodomo-abc.org



特定非営利活動法人 子ども文化コミュニティ