絵本といっしょに 
つながれ ひろがれ 子どもの世界
「おいでよ!絵本ミュージアム」
オープニングスペシャルイベント
ワークショップメドレー
「おいでよ!絵本ミュージアム」
絵本作家を招いてのイベント

第1回目
日時 2007年7月1日
会場 NTT西日本ITプラザ福岡

「子ども学芸員 美術館PR大作戦!」の活動が、7月1日NTT西日本ITプラザ福岡でスタートしました。この活動では、子ども学芸員が美術館や絵本カーニバルをPRする映像作品をつくります。1回目はオリエンテーションと映像製作の基礎を楽しく学ぶCAMPワークショップ「デジカみしばいをつくろう」をしました。
この日初めて顔を合わせた子どもたち。最初は緊張の面持ちでしたが、みんなでゲームをしたり、子ども学芸員のレクチャーや、映像制作研修を受ける中で、だんだん緊張もほぐれていき、楽しく活動ができたようでした。
次回からは、いよいよ美術館の取材が始まります。


アイスブレーキングで緊張をほぐした後、「みんなで楽しく活動しよう」子ども学芸員、保護者、スタッフの全員が手をつなぎ気持ちをひとつに!


講師の高宮由美子氏から「子ども学芸員 美術館PR大作戦!」についての説明を受けました。子どもの視点で作品を作って情報発信していく意味や絵本カーニバルについての話がありました。子どもたちは熱心に聞いていました。
説明会の後は、チームごとに分かれてチーム名と取材担当を希望する美術館について話し合いました


チーム名と担当したい美術館について理由とともに発表しました。「BLUE BIRD」「KTM」「レッド・ファイアー」「Summer」「黄色い閃光達」の5つのチームが誕生


午後からは、CAMPワークショップ「デジカみしばい」で研修。協力して物語をつくったり、伝わるように撮影を工夫する体験をしました。
最後は「デジカみしばい」でつくった自分たちの作品を発表しました。同じ背景と小道具を使っても、それぞれ全く違う物語ができる面白さを感じあったり、登場人物になりきっての発表に会場がおおいに盛り上がりました。




第2回目
日時 2007年7月16日(月・祝)
会場 福岡アジア美術館、福岡県立美術館
三菱地所アルティアム、イムズ

「子ども学芸員 美術館PR大作戦!」2回目はチームごとに担当する美術館に取材に出かけました。絵コンテを作って映像の骨子を組み立てました。


学芸員さんへインタビュー

取材中にも打ち合わせをして全員で確認しながらすすめます
カメラのアングルを考えながら撮影します
取材で撮った写真を整理して絵コンテをつくります
絵コンテを順番に並べて原稿の作成

NTT西日本のフレッツフォンを使って、各チームの取材状況を交流しました




第3回目
日時 2007年7月24日
会場 NTT西日本ITプラザ福岡

3回目は、前回、チーム毎に美術館を取材してつくった絵コンテのスライドショーを、みんなで見合って検証し合いました。
伝えたいことが伝わっているかや、写真撮影の角度など、お互いに率直に意見を出し合い、午後からは、編集作業の練習の後に、もう一度、絵コンテを見直して、修正したり、次回の取材で追加することを整理しました。


チーム毎に取材してまとめた映像をお互いに見合って検証し合いました。
画像の効果的な使い方の説明にみんなメモを取りながら真剣です。
絵コンテの練り直し

再度、作り直した絵コンテの原稿を発表しました。




第4回目
日時 2007年8月10日
会場 福岡アジア美術館、福岡県立美術館
三菱地所アルティアム、イムズ

4回目は作品の見直しを受けて再取材。映像の完成に向けて編集作業です。


フレッツフォンを使い、子ども学芸員としてお客さんへ自分の担当美術館をPRしました
美術館の来館者にインタビュー


足りないシーンの再取材

絵本カーニバルの追加取材で、パレードに同行撮影
映像の完成に向けて編集
街頭ビジョン用のチーム紹介の収録




第5回目
日時 2007年8月19日
会場 福岡アジア美術館

いよいよ映像が完成しました。海の中道マリンワールド水族館で活動している
子どもたちと生中継で交流。子ども学芸員として美術館PRをしました。
また、街頭ビジョンにも美術館PR作品が放映され、多くの人にアピールできました。
活動の締めくくりは、福岡アジア美術館のあじびホールで美術館PR作品の上映会を行い、作品の上映と7月からの活動のまとめとふりかえりをしました。


完成した映像作品をみんなで鑑賞


映像を見ながら交流・質疑のリハーサル

水族館で活動している子どもたちと回線を使って生中継で作品の交流をしました
交流先の水族館の子どもたちとと一緒に記念撮影



主   催 九州大学ユーザーサイエンス機構子どもプロジェクト
西日本新聞社、テレビ西日本、NPO法人 子ども文化コミュニティ

西日本リビング新聞社
特別協賛 NTT西日本




特定非営利活動法人子ども文化コミュニティ